2020年03月05日

仏検2級レベル程度の語学試験で問われている能力:国語力

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。

6月にはいくつかのフランス語の資格試験が行われるのですが、3月から願書提出が始まっています。
私の生徒さんでも、何人かは受験することになっており、「試験に合格するための効率の良い勉強法を教えてください!」や「合格出来るか不安です」など、多くの悩みや質問をしばしば受ける時期になりました。傾向と対策だけでどうにかなるものでもないので、地道な努力はどうしても必要ですし、不安を吹き飛ばすためにも必至で勉強をして自信を付けてもらいたいと思っています。

その中でも仏検2級程度の試験で問われている能力について書いていこうと思います。

語学学習の一般的な流れに沿えば、文法を一通り終えた後に、少しまとまった文章を読みはじめることになります。長文を読む際には、語彙力や文法の理解度が総合的に試されますので、はじめは知っている単語がとても少なく、文法の定着度合も低いので苦労します。しかし、長文に頻繁に触れることで、徐々に語彙も増え、文法もおさらいすることができます。

仏検2級レベルの試験は、長文問題が大部分を占めており、設問も内容理解を問うものが大多数になってきます。もちろん、前置詞や熟語、動詞の時制を問う問題もありますが、それらもより複雑になってきます。

長文の試験の内容のひとつは、長文の一部分が抜き取られていて、そこに当てはまる内容を、提示された選択肢の中から選ぶもの。他には、長文を読んで、提示された選択肢がその内容と一致しているか否かを選択するもの(DELF A2の場合には、内容に一致しているか否かを選択した根拠も示さなければいけませんし、もちろん選択肢は提示されません)。インタビュー記事の応答文を読んで、質問文を選択肢から選ぶというものもあります。

そのときに必要な能力は、フランス語で「文章を読解する力」です。いわゆる読解力と言われているもので、前後の文脈を考慮しつつ、内容を的確に理解できているか、論理的に文章を組み立てることができるかを審査されます。フランス語の知識ももちろん問われているのですが、最終的に問われているのは「国語力」ということですね!

外国語の能力が母語の能力以上になることはありません。ですので、是非とも日本語の力も同時に身につけて欲しいと思います。
posted by マカロン at 10:47| フランス語