2020年06月30日

ピアノのレッスンに通う道のり

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。

小学1年生の弟と中学一年生のお姉ちゃんの2人で通っている姉弟がいます。お母さんもお父さんも仕事で忙しく、お姉ちゃんが学校が終わった後に弟の学童へ迎えに行き、そこから一緒に来ています。

ぐずったり、うまく歩いてくれない弟をなだめながら、少し遠い道のりを2人でケンカしながらやってきます。途中でぐずる弟に、お姉ちゃんがお菓子を買ってあげて言うことを聞かせたり、遅れそうだからといって、お姉ちゃんは自転車、けれど弟は駆け足で、しかもランドセルを背負って汗だくでやってきてレッスンどころではなかったりしながらも、毎週通っています。

時にはこれらの方法もまったく上手くいかず、3週連続で15分遅刻してきたので、「何が上手くいかないのか良く考えて、遅れない方法を考えなさいね」と宿題を与えたら、次の週は遅れずにレッスンに来ることができました。「どうやって解決したの?」と聞いたら、アイスを買って早歩きさせたということです。そんなにしょっちゅう物を買い与えていたら、何も買ってもらえないと動かない子になってしまう、と親だったら心配すると思うのですが、子供はどうでもいいのでしょうね。

レッスンは弟が先ですが、お姉ちゃんのレッスンが終わるのを待っている間に床に寝転がって爆睡してしまいます。レッスンが終わったので起こすと、ものすごいぐずって大変です!帰りはお母さんが迎えに来ることもありますが、また2人でお家まで帰っていきます。帰りも珍道中なのでしょうね。
なんだか昔の兄弟姉妹を見ているようで、微笑ましいです。
posted by マカロン at 18:26| ピアノ

2020年06月29日

テレワーク(フランス語その2)

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。

外出自粛要請が解除されてから1ヶ月ほどが経ちますが、首都圏では人の流れが以前とほぼ同じになっています。日本政府はリモートワークへの大幅な切り替えを望んでいたようですが、リモートワークへ切り替えようとする企業はごく一部のようで、実現ならず!という感じですね。日本は何においても変化を好まない、遅いと良く言われますが、既得権を守ろうとする勢力がいるからというだけではなく、中小企業が多いため、業務効率化を目指した分業が難しいということもあるのかなと思います。急なリモートワークで仕事が圧倒的に増えた人も多かったと思うのですが、その労力が今後の仕事の効率化に結びついて、日本人の働き方の変化につながればいいのになあと強く思います。仕事に忙殺されない人間的な生活を送りたいですよね。

フランスでは、おしゃれなコーワーキングスペースが増えてきて、リモートワークが定着しそうな印象を受けます。自宅など環境が整わない中での急なリモートワークへの切り替えだったのですが、もう少し時間をかけて環境を整えながら進めれば、よい自由な生活を手に入れることもできそうです。
実際に、人々の生活(特にパリの人々)はこれから変わっていきそうです。日本でも話題になっていますが、田舎への移住が始まっています。ロックダウン中、パリでの狭いアパルトマンでの閉じこもりの生活から得た教訓から、パリからそれほど遠くない小都市に移住しようとする人が増え、その土地の地価が上がっています。小さくても庭があって、好きな時に外の空気が吸える環境は都会の便利さに勝るということなのでしょう。

それはともあれ、今日は「フランス語(その2)」として、リモートワークに関連したフランス語の語彙をご紹介しようと思います。

まず、大本の単語、テレワーク、リモートワークは、le télétravailあるいはle travail à distance(こちらはあまり使われません)。テレビ会議、テレビ電話:la visioconférence あるいはla vidéoconférence(どちらかというと、la visioconférenceの方が、現在は好まれているようです)
リモートワークにはパソコンun ordinateurが欠かせません。リモートワークでは、オフィスle bureauへ行く必要はありません。自宅chez〜(ここにはmoi, toi, euxなどの人称代名詞の強勢形が入ります)あるいはコーワーキングスペースl'espace de coworkingで仕事をします。
被雇用者les employés(雇用主はl'employeur)はリモートワーク以前と同じ権利を得ることができます。有給休暇le congé payéや社会保障la séculité socialeも以前と変わりません。就業規則は一部変わりますが、就業時間等の規則を守っていれば、給料le salaireは変わりません。ちなみに残業はles heures supplémentaires、サラリーマンはsalarié(e)(s)です。

テレワークがテーマでしたので仕事に関する語彙になりましたが、日常生活に密着した単語ですので、是非覚えて使えるようにすると会話で仕事の話が出てきたときに役に立つと思います。
タグ:語彙強化
posted by マカロン at 09:42| フランス語

2020年06月18日

子育ては難しい、、、でも良い親子関係の維持を!

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。

コロナ関連でバタバタしているうちに、ブログのことをすっかり忘れてしまい、久々のブログとなりました。外出自粛要請も解除となり、日本全体がそろそろと以前の生活へと戻ろうとしていますが、いかがお過ごしでしょうか。

緊急事態宣言発出直後からオンラインでのレッスンが中心となり、家からほとんど出ることなく仕事をしており、とても充実した生活をしておりました。
庭や畑の野菜たちも、今年は頻繁に面倒を見てもらえているので、調子良く育っております。キュウリ2種、ズッキーニ、オクラ、枝豆、空芯菜、モロヘイヤ、バジル、モロッコインゲン、ピーマン、なす、とうもろこし、スイカ、ルッコラ、カボチャ、ゴーヤ、いちご、パプリカ、ミニトマトが、元気に育っています。これから夏の終わりまでが、一年で一番の収穫の季節です。

今日はこれから久々の出勤です。雨になりそうな予報でしたが、なんとか天気は持ちそうです。関東地方も梅雨に入りました。暑い暑い夏を迎える直前の嫌な季節、その後は、暑くて長い夏、私の一番苦手な季節がやってきます。どうやって乗り切ろうか思案中です。

それはさておき、このコロナ騒動を境にしてかどうかわかりませんが、ピアノに通う子供たちに変化が見られます。良い方に、だと良かったのですが、逆です。小学生くらいだと、日によって調子が良かったり悪かったりですが、学校に通っていなかったことで、親と常に対面しており、双方に精神的な負担になっていたようです。長い休みの後で、急に学校が始まったことも、精神に影響を与えているようです。

私のところに通ってきてくれている子供さんたちの親御さんは、教育熱心な方が多く、子供たちに口うるさくなってしまう傾向があるようで、ピアノのレッスンが子供たちの息抜きの場になっています。つまり、レッスン時間をいかにピアノを弾かずに済ますかに苦心しています。子供によっていろいろですが、おしゃべりだったり、ピアノの内部ばかりを見てこちらの存在を無視したり、、、本当に様々です。それはそれで、ピアノの先生として、子供たちの精神の安定に役立つのなら意味があるとは思っているのですが、一方できちんとやらせなきゃ!とさらに一生懸命になってしまう親御さんの姿があります。子供の気持ちも親御さんの気持ちも両方理解できますので、どうするのが良いのか悩むところですが、子供は親の思うようには育たないと思って、子供に百歩譲っていただきたいと思います。

いつも力で言うことをきかされている子供は、厳しい人や怖い人の前では言うことを聞いた振りをしますが、怒らない人や厳しくない人の前では話も聞かず適当に(悪い意味で)その場をやり過ごそうとします。子供自ら自発的に何かに取り組んでもらいたいと願うのであれば、子供がそちらに気が向くように環境を整えてあげてください。怒鳴ったり口うるさく言う必要はないでしょう。

これをやれば必ずうまくいくという万人に通ずる方法はないと思いますので、親御さんが知恵を絞ってなんとかしていくしかないでしょう。どうぞ子供たちととことん話し合ってください。けれども、絶対に子供が話している途中に遮って自分の意見を押し付けたり、子供が間違っているというような態度で接することは避けてください。子供には子供の言い分があるので、最後まで聞いて受け入れてあげた上で、ご自分の意見もきちんと主張して、お互いに一番良い落としどころを見つけてください。

子育ては難しいですが、どうぞ親御さんも子供さんと一緒に成長して、さらにご自身に磨きをかける良い機会にしてください!
posted by マカロン at 12:35| 日記