2020年10月31日

外国語習得に王道なし

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。

10月最後のブログ記事になりました。明日から11月。早いもので、ブログ開始からそろそろ1年が経とうとしています。これからも、ぼちぼちとですが書き溜めていきたいと思います。では、今日の記事を始めましょう!

語学習得にも脳科学の知見が応用されて久しいのですが、「これさえやれば、誰でも英語ぺらぺら」という勉強法はないというお話をしようと思います。
がっかりされた方もいらっしゃるかもしれませんが、変な教材や無意味な勉強をしないためにも、ぜひとも上手に脳科学の知見を語学学習に取り入れてください。

まず、脳科学の見地から、外国語を習得する際に必要となる4要素があります。それは、

1.定期的に使うこと

2.その語学習得のための目標を設定して、プロジェクトを加えること(例えば、劇を上演する、弁論大会をする、旅行に行くなど)

3.本物の教材にアクセスすること。つまり映像や音声資料には、その言語が使われている実際の状況由来のものを使用すること。(例えば、ラジオ放送やテレビ番組、映画、インタビューなど)

4.他の人(学習者や指導者、あるいはネイティヴなど)との交流の中で使うこと、つまり実際の状況に合わせた言葉による交流を行うこと

つまり、語学学習では、定期的な学習と学習時間、実践の量が重要な鍵を握っています。ある程度の学習時間が絶対に必要だし、数多くの実践がなければ使えるようになりません。また、出来る限り多くの人と学習言語を使って交流することも重要です。

つまり、語学習得を順調に進めるには、定期的に学習に時間を割いて、様々な人と交流することが望ましいということです。

語学学習の際に気をつけた方が良いことがあります。それは、脳が語学学習をスムーズに始められるよう、まず最初に「これから語学の勉強を始めるよ〜」と脳に指令を送ってあげてください。そうすると、漫然と学習を始めるよりも、脳が能率的に語学学習のために動いてくれるそうです。

語学習得に苦労されているみなさん、ぜひ地道に勉強を続けてください。いつかその苦労が報われるときがやってきます。陰ながら、みなさんの語学学習を応援しています!
タグ:勉強法
posted by マカロン at 16:55| フランス語

2020年10月29日

フランス語のレッスン日

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。

フランス語のレッスンはいつやっていますか?という質問を時々頂きますので、それについてお答えしようと思います。

普段は火曜日と土曜日は自宅とオンラインで、木曜日と日曜日は出張とオンラインでフランス語のレッスンをしています。全日、8時〜20時の間、生徒さんと私の予定が合うときにレッスンをしています。現在は個別レッスンのみですので、レッスン内容は、それぞれの生徒さんの要望や進度に合わせて決めています。

レッスン時間は、基本は1時間30分ですが、忙しい生徒さんや1時間30分では長いと思っている生徒さんのために1時間のコースも作りました。最近は1時間の生徒さんがかなり増えてきています。

出張レッスンはカフェで行うため、映像や音声を使ったレッスンはできないのですが、自宅およびオンラインでのレッスンでは、教材用ではなく実際のテレビやインターネットの番組の映像やネイティヴ向けの出版物を使って、語学の4技能を同時に伸ばしていくレッスンをしています。

フランス語圏の人々が話す生のフランス語は、教材用に録音された音声や映像とは違い、とにかく話すスピードが早く、様々な母音や子音を端折っています。英語でも同じですよね。耳で聞くと書いてあることと違う!と思うことがたくさんあります。
フランス語でも同じで、文法や語彙などは入門の生徒さんでも理解できるレベルでも、速すぎると感じるため、完全に頭がフリーズしてしまいます。でも、状況や感情の動きに合わせて自然なイントネーションで話されていますので、勉強開始当初から生のスピードに慣れておくことは、言語学的技術面だけでなく、自分の意志を伝えたり相手の意志を汲み取ったりするコミュニケーションの状況に即した言語習得に適しています。はじめはびっくりしますが、少しずつ慣れていけるよう指導しています。

来年度からは入門/初級者向けのグループレッスンも企画する予定です。詳細が決まりましたら、HP上でお知らせしますので、是非ご覧頂ければと思います。
posted by マカロン at 17:35| フランス語

2020年10月26日

外部講師のレッスン(2020年10月25日)

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。

今日は外部講師のレッスンがありました。本日の受講生は2人。小学3年生と中学1年生の女子です。二人とも音楽が好きで、それなりに弾ける生徒さんたちです。しかし、集中力に難ありです。

小学3年生の生徒さんは、レッスン中眠くなってしまい、ウトウト。残念ながらミス多発でした。中学1年生の生徒さんは、忘れ物のせいで遅刻。レッスン時間が短くなってしまいました。なんなんでしょうね、、、子供は自分で調整ができないので、調子に波があるのは当然ですが、それを差し引いても、本当に貴重な時間がもったいない!(と思うのは私だけでしょうか、、、)

あ〜、1ヶ月以上も一緒に作り上げてきた曲を、ほとんど合格をもらえずに、次回へ持ち越しです。「親の気持ち子知らず」ではなく「先生の気持ち生徒知らず」ですね。

12月26日の発表会以降は、外部講師の方にもっと頻繁に来ていただくことにしたので、生徒さん方の進捗状況を鑑みずに、生徒さん各々の技術向上に向けて私自身も頑張ろうと思います!

来年1月からは少し体制を変えて、より音楽を楽しめるような環境を作っていきたいと思い、外部講師の方々やその他音楽関係の方々とも様々なお話をしているところです。(詳細は1月以降にHPにアップします!乞うご期待)

努力することを楽しめてピアノが上手になると、練習自体も楽しくなります。裏を返せば、上達しなければ楽しくならないということです。生徒さんたちが、早くその境地に達してくれますように。
posted by マカロン at 21:52| 日記