2019年11月24日

ダメだしする必要ってあるのでしょうか

大倉山のピアノ、音楽、フランス語の教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。
ブログをご覧頂きありがとうございます。

私は日頃のレッスンで気をつけていることがあります。それは、子供たちが自分で考えて行動できるように、お手伝いをするということです。要は自立・自律できるお手伝いということです。

もちろんピアノも上手になってもらいたいとは思っていますが、それよりもまず、自分で自分の行動を客観的に観察できるようになること。それができれば、こちらが手取り足取り教える必要がなくなります。これは、ピアノだけでなく、生活のあらゆる場面で役立つことですね。

例えば、自分で合格を決めること。
小学2年生のBちゃん。暗譜の宿題が出ていたのですが、音が落ちていたり、強弱を完全に忘れていたり、あまり上手にできていませんでした。

私が「これで合格でいい?」と聞くと、Bちゃんは、しばし考えた後、「もう1回やってくる。」と答えました。
「なぜもう一度やって来ようと思うの?」の質問には、「(指で示して)こことここのところがきちんと弾けていなかったから」と自分の演奏を分析していました。自分でよくわかっているのですね。

逆に、こちらが「これじゃ、ダメよ。やり直し!」と言ったら、反発するだけかもしれません。

小学3年A君のある日のレッスンでは、曲を弾いた後に、自分で自分の演奏を批評してもらいました。

こちらが感心するほど、弾き間違えた音、テンポの指示を守れていなかったところ、強弱など、できていなかったところを全部言い当てていました。

別にこちらがダメ出しをしなくても、自分の演奏をよく聴いていて、全部わかっているのですね。

「あーしなさい、こーしなさい」と教師からのダメ出しのし過ぎは、生徒さんたちのやる気を減退させる原因になるのかもしれません。以前は、私もこういう教え方をしていました。反省です。
posted by マカロン at 17:44| Comment(0) | ピアノ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: