2019年11月30日

気がついてよかった。

大倉山のピアノ、音楽、フランス語の教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。
ブログをご覧頂きありがとうございます。

今日は、もし私が気がつくことがなかったら、ピアノが大好きな男の子がピアノを止めてしまったかもしれないなあと思った出来事についてお話したいと思います。

年長さんのA君。少し前からレッスンに来てもピアノを弾かず、家でも練習しなくなってしまいました。せっかくレッスンに来たのだから、少しでも音楽に触れて帰って欲しいと思って、音符カードを出したり、音あてしようかと提案してみたり、いろいろな手を出してみましたが、「もう今日はやらない!!」と言うので、まったくお手上げの状態でした。

お母様が「もしかしたらピアノに飽きてしまったのかしらね〜」と話していたので、どうやって彼の気を引こうかと毎日思案に暮れていました。

気が向けば集中してピアノを弾く子だったので、「気が向いたらピアノに来ることにする?」と気軽に聞いてみたら「うん!」といって、その日のレッスンは終わりました。

が、彼はその後、ほぼ毎日来るようになりました。近所に住んでいるので、お母様の付き添いもなく、一人でやってきます。お母様がレッスンを見守っている(見張っている??)ときには落ち着きがなくイライラした様子だったのですが、一人のときはとても穏やかです。

彼が一人で来るようになってからわかったのですが、どうも左手に和音が出て来てからピアノを弾かなくなっているみたいです。

はじめは和音の説明をしても、逃げていくばかりで、どうしようもなかったのですが、毎回、根気づよく説明をしていたら、最近は、ピアノの椅子から降りて、少し離れた場所から鍵盤をじーっと見ながら、私の説明を聞いてくれるようになりました。その様子は、まるで見たこともない虫を前に、怖くて触れないけれども、観察しているような感じです(笑)。

ということで、ひとまず、両手で一つの旋律を弾くものに教材を変えることにしました!

和音を弾いてもいいかな、と思ってもらえる日が来るように、毎回少しずつ説明していこうと思っています。


posted by マカロン at 16:56| Comment(0) | ピアノ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: