2020年01月13日

フランス語をマスターするための最強の方法は?

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。今日は、果たして「フランス語の上達への近道はあるのか?」という話です。

結論から言うと、そんなものはありません。レベルや強化したい部分によって、様々な方向からのアプローチがあります。色々な方法を組み合わせながら、スパイラル状に上達していくというのが王道でしょう。

文法を強化したいのに、スピーキングやリスニングをしても、まったく効果がないとは言いませんが、効率が良い方法とは言えないでしょう。リスニングだけでも、アウトプットの能力が上達することはありません。

シャドウイングも、言葉の抑揚やリズム、区切りなどに慣れるという点では良い方法ですが、これをやったからといって、文章を書いたり話したりするアウトプットがすぐにできるようになるわけではありません。辞書を引いて単語の意味を確認したり、文章全体の意味や情景を理解して行うなど、いくつかの点に注意しながら行えば、ネイティブに近い抑揚で話す基礎作りにはなるでしょう。

フランス語ではフランス語の総合的な理解度を確認するために、ディクテ(書き取り)を行います。ディクテを行うことによって、次のような点を確認することができます。
1)文法の確認
2)コンテクストから適切な語を選択できるか

文法に関しては、性数の一致、時制の一致などが正しく理解できているかを確認することができます。また、フランス語には同音異義語が多いので(日本語ほどではありませんが)、意味に沿った単語を選べているかどうかが試されます。

フランス語の発音は、ほぼ規則通りなので音を聞き取れればある程度のスペリングはできると思いますが、書くけれども発音しない子音や、同じ発音だけれどもスペルが異なる母音や子音がありますので、やはり前後の文脈から適切な語を選択する能力がなければいけません。ここでも語彙力が必須になります。

ディクテは、書き取るテクストの内容をレベル毎に変えれば、どのレベルの到達度でも確認することができます。(ディクテのやり方については、後日お伝えしたいと思います!)

語学の勉強には、たった一つの方法で短期間で上達する方法というのは存在しません。「これさえやれば、あなたも英語がぺらぺらになります!」という宣伝文句には、どうぞくれぐれもご注意ください!


タグ:勉強法
posted by マカロン at 20:01| Comment(0) | フランス語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: