2020年01月15日

「悲しくて全然ピアノが弾けない」の巻

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。

レッスンでまた面白いことがありましたので、久しぶりにピアノのレッスンの様子をお伝えしようと思います。

年長さんのA君。その日はお母さんがお昼からお出かけなので、午前中にお母さんとレッスンにやってきました。午後は、お姉ちゃんとお父さんの3人でお留守番です。

レッスンがはじまり、ピアノの前に座ったのはいいのですが、「(練習)やってきてない!」と言ったと思ったら、鍵盤の上に突っ伏したまま全然ピアノを弾きません。

はじめはどうしてなのか全然わからず、「今日は何やろうか?」などと様子を見ていたのですが、「ママがい〜い、ママがい〜い」とぐずっているので、もしやと思い、「もしかして、これからママがお出かけだから、それが寂しいの?」と聞いたら、A君、さらに悲痛な表情になりました。

「やっぱり!」ということで、その日のレッスンは諦めました。床に座り込んだA君。可哀想なくらいうな垂れていました(笑)。

お母さんがいない午後を思って悲しみに打ちひしがれ、ピアノが全然弾けなくなってしまうほど、男の子って繊細なんですね。お母さんは「今日は本当にすみませんでした」と言いながら帰っていきました。

来週は元気な顔を見せてくれるといいな。。。


posted by マカロン at 20:36| Comment(0) | ピアノ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: