2020年01月20日

ディクテの方法とその効用

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。

今日は以前のブログでお話したディクテの方法についてお伝えしようと思います。ただし、この方法だけがすべてではありません。私がこれからお伝えする方法も参考にして、自分の弱い部分を強化するような取り組み方を一人一人考えてみてください。

ディクテでは、「読む」「書く」「聞く」能力、文法や文の構造などの理解到達度などが試されます。要するに、ディクテを続けていくことで、フランス語の総合的な力が付いていきます。

ディクテを行う際の基本的な順番は、
1.普通の速さで読まれるテキストを、意味を理解しながら最後まで通して聞く。(適宜メモをとりながら聞いても良い)
2.少しゆっくりとした速さで読まれるテキストを書き取っていく。(句読点もフランス語で発音してくれますので、文の構造を理解する手助けになります)
3.再度、普通の速さでテキストが読まれるので、最終確認をします。確認することは、形容詞の性数一致や動詞の活用など、文章の意味や構造を考えながらスペルをチェックしていきます。
4.最後にテキストと照合して、間違いをチェックしていきます。

基本はこの順番ですが、聞き取れるまで何度も聞くということがあってもいいでしょう。

テキストと照合した結果を、次のステップのために是非活用してください。聞き取れなかった文章を分析して、勉強すべきところを洗い出していくという作業をしても良いでしょう。何度も音読をして、意味や文の構造、スペルを頭にインプットすることも有益です。

ディクテ用の音源でない場合には、一文ずつ止めて書き取って練習することが多いようです。しかし上級になってくるとかなり長い文章を書き取ることになるので、やはりディクテ用の教材があった方が便利でしょう。

聞き取りの際に躓くポイントには次のようなものがあると思います。
・ リエゾンがあると聞き取れなくなる。あるいは文の構造がわからなくなる。
・ 自分が知らない単語が出てくると極端に聞き取れなくなる。

確かに語末の子音を発音するリエゾンはくせ者です。フランス語では、単語を単独で発音する際には、語末の子音を発音しないのですが、母音や無音のHで始まると単語とくっつくと、発音しないはずの子音を発音します。これは慣れないと本当に厄介なのですが、聞き取る力や語彙力が付いてくれば、徐々に克服することができます。

書き取りの点で注意しなければいけないのは、アクソンのつけ忘れや向きの間違いと性数一致です。これもディクテのテキストを確認するときに毎度気づくことになるので、ディクテを続けていくことで上記の点に注意が向くことになります。

ディクテでは、音を聞き取ってそれを書くという作業だけでなく、文章の意味も理解していないと、同音異義語の多いフランス語においては、とんでもないことを書くことになってしまいます!

どの語学においても、基礎を固めるために大切なことは、聞くこと、声に出すこと、語彙を増やすこと、そして文法です。フランス語では、そこに発音されない子音の問題、性数一致の問題があり、音声では認識されない音を書き記さなければいけません。ですので、ディクテはスペルのチェックにもなります。

何はともあれ、フランス語の運用力を総合的に向上させてくれる勉強法がディクテだと言えるでしょう。
タグ:勉強法
posted by マカロン at 11:45| Comment(0) | フランス語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: