2020年02月20日

語学学習の一方法

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。

コロナウィルス感染者拡大、経済低迷など、これから日本はどうなるのか、不安ばかりが募ります。
激動の明治維新の精神を余すところなく感じることができる「学問のすすめ」を読んで、なぜ学問が必要なのかを理解し、国民全員で日本の将来を一緒に考えて行きましょう!

それはさておき、今日はフランス語の勉強法のひとつを提案しようと思います。

入門・初級の文法や語彙などの基礎力を蓄えた学習者で、さらに楽しみながらフランス語学習を続けていく方法のひとつに「フランス語を使って好きなことを学ぶ」というものがあります。

フランス語を習おうと思ったきっかけは、フランスやフランス語圏の何かに興味を持ったからという方が大部分だと思います。フランス語の響きに魅了されたという場合の他にも、料理やお菓子、ワインやチーズ、モード、建築、歴史、映画、音楽など、フランスの魅力は尽きません。

フランス語というものを学問的に研究するということ以外には、言葉は何かを実現するためのスキルだという認識を私自身は持っています。例えば、言葉を習得して「他国の人とビジネスをする」、「留学して本場フランスで自分の専門分野に磨きをかける」、「翻訳ではなく原語で小説を読む」、「他の文化圏の人々の考え方を理解する」などです。

フランス語のスキル習得のみを目指すのではなく、関心のある分野について読んだり、聞いたり、書いたりしながら、最終的にフランス語の力がついている、というこの方法は、語学習得の方法としてとても理に適っていると思います。

スポーツが好きであれば、フランスの新聞のスポーツ欄で好きなスポーツや選手の情報を仕入れる。料理が好きであれば、料理のレシピをインターネットで検索して実際に作ってみる。今は動画もたくさんありますので、耳で聞きながら手順を確認することもできますね。時事問題であれば、パンデミックになりつつあるコロナウィルスについて、フランスではどのように報道されているのか、調べてみる。討論番組やルポルタージュが動画でアップされていますので、どんどん活用してください!

問題集の問題を解くことが語学学習であるかのような認識をお持ちの方がいて、上記のような勉強法を進めても一向に興味を示さないことが、実はかなり多いです。異文化理解という観点からも、また自分の好きな分野に磨きをかけるという点からも、是非、内容に重点を置いた勉強法を試してみてください。
タグ:勉強法
posted by マカロン at 17:03| Comment(0) | フランス語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: