2020年04月21日

緊急事態宣言から2週間が過ぎました。

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。

緊急事態宣言が出てから、うちの前の人通りがとても多く、毎日が賑やかになりました。以前は、犬の散歩の人や通勤で駅へ向かう人などがほとんどでしたが、大倉山公園をぶらぶらと散歩する人が増えています。

通常の生活を送っていた頃は、平日は仕事、休日は買い物や行楽などで、自宅の近所の散歩をする時間はなかったけれども、リモートワークで出来た時間で、運動不足解消も兼ねたお散歩をしているのでしょうか。

親子連れやご夫婦が「あ、Studioって書いてあるよ。こんなところにこんなのがあったんだね〜」などど、うちの前を通り過ぎていきます。これで少しはご近所さんからの認知度も上がるといいです!

私自身は、少し緊急事態宣言の状況に慣れてきて、平静を取り戻してきています。ですので、次回のブログは、フランス語の話に戻れるかなと思っています。コロナ騒動や外出禁止令などに関連した、このところ良く聞かれるフランス語の単語や表現を紹介しようと思っております。

終息までにはまだまだ先が長いと予想される新型肺炎ですが、医療従事者たちの必死の状況を理解して、冷静な行動を取っていきたいと思います。最終的には、長い期間をかけて多くの人が感染して抗体を持てば良い話なのですが、まだまだわからないことの多い病気ですので、無駄に感染することだけは避けたいですね。
posted by マカロン at 08:55| 日記