2020年06月29日

テレワーク(フランス語その2)

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。

外出自粛要請が解除されてから1ヶ月ほどが経ちますが、首都圏では人の流れが以前とほぼ同じになっています。日本政府はリモートワークへの大幅な切り替えを望んでいたようですが、リモートワークへ切り替えようとする企業はごく一部のようで、実現ならず!という感じですね。日本は何においても変化を好まない、遅いと良く言われますが、既得権を守ろうとする勢力がいるからというだけではなく、中小企業が多いため、業務効率化を目指した分業が難しいということもあるのかなと思います。急なリモートワークで仕事が圧倒的に増えた人も多かったと思うのですが、その労力が今後の仕事の効率化に結びついて、日本人の働き方の変化につながればいいのになあと強く思います。仕事に忙殺されない人間的な生活を送りたいですよね。

フランスでは、おしゃれなコーワーキングスペースが増えてきて、リモートワークが定着しそうな印象を受けます。自宅など環境が整わない中での急なリモートワークへの切り替えだったのですが、もう少し時間をかけて環境を整えながら進めれば、よい自由な生活を手に入れることもできそうです。
実際に、人々の生活(特にパリの人々)はこれから変わっていきそうです。日本でも話題になっていますが、田舎への移住が始まっています。ロックダウン中、パリでの狭いアパルトマンでの閉じこもりの生活から得た教訓から、パリからそれほど遠くない小都市に移住しようとする人が増え、その土地の地価が上がっています。小さくても庭があって、好きな時に外の空気が吸える環境は都会の便利さに勝るということなのでしょう。

それはともあれ、今日は「フランス語(その2)」として、リモートワークに関連したフランス語の語彙をご紹介しようと思います。

まず、大本の単語、テレワーク、リモートワークは、le télétravailあるいはle travail à distance(こちらはあまり使われません)。テレビ会議、テレビ電話:la visioconférence あるいはla vidéoconférence(どちらかというと、la visioconférenceの方が、現在は好まれているようです)
リモートワークにはパソコンun ordinateurが欠かせません。リモートワークでは、オフィスle bureauへ行く必要はありません。自宅chez〜(ここにはmoi, toi, euxなどの人称代名詞の強勢形が入ります)あるいはコーワーキングスペースl'espace de coworkingで仕事をします。
被雇用者les employés(雇用主はl'employeur)はリモートワーク以前と同じ権利を得ることができます。有給休暇le congé payéや社会保障la séculité socialeも以前と変わりません。就業規則は一部変わりますが、就業時間等の規則を守っていれば、給料le salaireは変わりません。ちなみに残業はles heures supplémentaires、サラリーマンはsalarié(e)(s)です。

テレワークがテーマでしたので仕事に関する語彙になりましたが、日常生活に密着した単語ですので、是非覚えて使えるようにすると会話で仕事の話が出てきたときに役に立つと思います。
タグ:語彙強化
posted by マカロン at 09:42| フランス語