2020年06月30日

ピアノのレッスンに通う道のり

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。

小学1年生の弟と中学一年生のお姉ちゃんの2人で通っている姉弟がいます。お母さんもお父さんも仕事で忙しく、お姉ちゃんが学校が終わった後に弟の学童へ迎えに行き、そこから一緒に来ています。

ぐずったり、うまく歩いてくれない弟をなだめながら、少し遠い道のりを2人でケンカしながらやってきます。途中でぐずる弟に、お姉ちゃんがお菓子を買ってあげて言うことを聞かせたり、遅れそうだからといって、お姉ちゃんは自転車、けれど弟は駆け足で、しかもランドセルを背負って汗だくでやってきてレッスンどころではなかったりしながらも、毎週通っています。

時にはこれらの方法もまったく上手くいかず、3週連続で15分遅刻してきたので、「何が上手くいかないのか良く考えて、遅れない方法を考えなさいね」と宿題を与えたら、次の週は遅れずにレッスンに来ることができました。「どうやって解決したの?」と聞いたら、アイスを買って早歩きさせたということです。そんなにしょっちゅう物を買い与えていたら、何も買ってもらえないと動かない子になってしまう、と親だったら心配すると思うのですが、子供はどうでもいいのでしょうね。

レッスンは弟が先ですが、お姉ちゃんのレッスンが終わるのを待っている間に床に寝転がって爆睡してしまいます。レッスンが終わったので起こすと、ものすごいぐずって大変です!帰りはお母さんが迎えに来ることもありますが、また2人でお家まで帰っていきます。帰りも珍道中なのでしょうね。
なんだか昔の兄弟姉妹を見ているようで、微笑ましいです。
posted by マカロン at 18:26| ピアノ