2020年07月25日

鍵をなくす

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。

 せっかくの4連休ですが、あいにくのお天気な上に、新型コロナウィルス保有者の数が増えてきた!!!とマスコミが煽っているため、お出かけを見合わせている方もいらっしゃるのではないかと思います。Go to
トラヴェルは、観光業界救済のためには必要だとは思うのですが、準備が間に合わず盛り上がっていません。

 こんな感じで世の中の動きはなかなか良い方向に向きませんが、私の生徒さんたちは、相変わらずいつもの調子でレッスンに通っています。今日は、レッスンとは関係ありませんが、日常の一コマを記そうかと思います。

 中学生のお姉さんと小学1年の弟の2人、いつもはレッスンに遅刻してくるので、毎回私の叱られるのですが、この前のレッスンの日には、前の子がレッスンしている最中にやってきました。

 「今日は早いじゃない!」と思ったら、「鍵を失くして家に入れないので、来たんだけれどどうしたらいいですか?」と困り果てて、うちにやってきた様子。学校帰りなので、携帯も持っておらず、親にも連絡ができないので、どうしようと思ったのでしょうね。こんなとき、お姉ちゃんは必死でどうしようか考えてるのに、弟の方はのんきなもので、床に寝転がって我関せず。

 結局、私がお母さんに連絡をして、お母さんが駅に着く頃に会えるように送り出しました。楽譜がないので、レッスンは別の日に振替とすることにしました。電話口で、お母さんはお姉ちゃんに向かって剣幕で怒っていて、お姉ちゃんは「今日、家に帰ったら、お母さんにしばかれる〜、迷惑をお掛けしました」と言いながら帰っていきました。

 他人に迷惑をかけないことが日本人にとっての美徳ですが、「親しき仲にも礼儀あり」を守りつつ、お互いに何かあれば助け合うということは、別に迷惑ではないと思います。特に、地域に子供たちが頼れる場所があるというのは、働く保護者にとっては、いざというときの頼りになります。もっと上手に甘えられる世の中になったらいいのにと思います。
posted by マカロン at 18:49| 日記