2020年12月26日

コロナに対する日本の対応

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。

とうとう発表会の日がやってきました。
午前中に入っていたフランス語のレッスンを終え、一息ついているところで、面白い記事を見つけましたので、シェアします。私がフランス留学を決めて、一生懸命フランス語を勉強しているころにNHKのフランス語講座の講師をしていたドラさんの記事です。https://toyokeizai.net/articles/-/397366

日本の永住権を持つフランス人の記事ですが、日本人が強力な規制もせずにコロナと共存していることを分かりやすい言葉で書いてくれています。私の知人のフランス人も「要請だけで強制しないところがいい、人々が互いを尊重し合っている」と同様の感想を言っていました。日本人にとっては無言の圧力と感じるのですが、お互いを尊重しているという風にも見えるのですね。

それに対して、もう一人のフランス人の知人は、何かあると異常反応する日本人のヒステリー状態を心配していました。現在のテレビ報道がその一端と言えるでしょうね。彼も日本で20年以上、教鞭を取っていたのですが、数年前にフランスへ帰国したので、日本や日本人のことはよく分かっている方です。

コロナの予防は風邪の予防と同じ、ロックダウンしようがしまいが死者や感染者数は変わらないということはすでにわかっていることですよね(例えばスウェーデンと西欧諸国)。コロナとは上手に付き合うのが最良の解決先でしょう。またすぐに新たな感染症が流行ることになるでしょうから。

ということで、今日の発表会も感染症対策を施しつつ行いますので、是非応援に来てください。

posted by マカロン at 12:19| 日記