2021年04月30日

新年度が始まり、子供たちも心機一転!

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。

 4月に入り、子供たちにとっても新たな1年が始まりましたが、ぼやぼやしていたら、いつの間にかゴールデンウィークに突入していました。今日は、生徒さんたちの様子の一部を綴ってみようかと思います。

幼稚園の年長さんだった女の子の生徒さんは小学1年生になり、相変わらずの意志の強さを発揮しお母さんを困らせています。彼女の希望で4月から一人でレッスンに通うようになりました。お母さんと一緒に来ていた頃は、私とほとんど話さず、ニコリともしませんでしたが、一人で来るようになってからは、ニコニコしながらレッスン室に入って来て、いろいろなお話をしてくれるようになりました。以前、「1年生になったら、ピアノは止める。だって、もう楽譜も読めるし、弾けるようになったから」と言って、お母さんを困らせていましたが、今は「2年生まで続ける」と言っているようです。お母さんとしては「早くこんなことを言わなくなってくれると良いのだけれど」と思っているようです。

2年生になった男の子。あまりにも練習して来ない上、レッスンに来てもピアノを弾こうとしないので、理由を聞きました。「ママにやれって言われてるから。それにピアノ弾くの面倒臭い」などなど、いろいろとピアノを弾かない理由を話してくれました。が、私としては、レッスンではピアノや音楽に向かってもらいたいし、レッスンでは音楽を教えたいので、彼にピアノを止めることを提案してみました。ですが、あれだけピアノを弾かない言い訳を話していたのに「絶対にピアノは止めない!!!」の一点張り。なんだか不思議なものですね。1ヶ月が過ぎた現在も、私と彼の間では「ピアノ止めて―止めない!!!」論争が続いています。

子供それぞれに個性が全く違うし、調子の良いときと悪いときの差もあり過ぎて、一人の生徒に対して可愛いと思えるときと、こんにゃろ!と思うときがあり、私もいつも複雑な感情に襲われています。でも、子育てと同じかな。
posted by マカロン at 10:20| 日記