2020年01月12日

新年が明けた後の一週間の様子

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。

ピアノのレッスンに通ってくださっている保護者さまと生徒さんたちの親睦会を兼ねた新年会も終え、1月6日から、以前と同じ日々が始まりました!今週は、年末年始にたっぷりお休みした生徒さんたちのレッスンが目白押しで、本当に忙しく、ブログの更新がご無沙汰となってしまいました。

ピアノの生徒さんたちは、3月の発表会に向けて練習を開始しました。1週目のレッスンでは、生徒さんそれぞれと話をして、みんながそれぞれ目標を決めて発表会に望みます。手首の使い方をマスターする、指の第1関節が反ってしまわないようにする、強弱をはっきり出せるように力加減をマスターする、両手での演奏をできるようにするなど、各生徒さんが、今の段階でまず習得すべき部分を意識して曲を仕上げていけるよう、お手伝いできるのを楽しみにしています。

フランス語の生徒さんたちも、それぞれに目標を決めました。留学のために課されているDELF試験のような、絶対にクリアしなければいけない目標もありますが、「フランスへ旅行に行き、アパートを借りて自炊をする。その際にスーパーではなく市場へ行き、フランス語でコミュニケーションを取りながら必要なものを買えるようにする」や「フランスの文化を言葉を通して学ぶ」という方もいて、生徒さんの目標や夢の達成のお手伝いができることを心から嬉しく思っています。

声楽の生徒さんも忙しい仕事から解放されて、久しぶりにレッスンに来てくれました。私のところには、大学在学時から通い始めて、もうずいぶん長い生徒さんです。かれこれ10年くらいでしょうか。一度はプロを目指したものの、独り立ちしたい、でも歌では食べていけないということで教員の道を選び、今は合唱やオペラなど、アマチュアとして音楽を楽しんでいます。声楽の生徒さんは、仕事を始めると同時にレッスンに来られなくなってしまうのですが、彼女は細々と私のところに通ってくれています。伴奏のためにいつもピアニストの方が一緒に来てくださり、ひとしきりおしゃべりもして楽しい時間を過ごしました。

新年開始から第1週の楽しい時間についてのたわいもないおしゃべりにお付き合い頂き、ありがとうございました!

posted by マカロン at 09:27| Comment(0) | 日記