2024年03月01日

ピアノレッスン、水曜日も可能になります。

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。

今年度も、残すところ1ヶ月となりました。

今月半ばには、学校の卒業式ラッシュを迎え、その後は、新学期に向けての準備が始まります。転勤で慣れた土地を離れる方、親元を離れ一人暮らしを始める方もいらっしゃるでしょう。

保育園・幼稚園から小学校へ、小学校から中学校へ、中学校から高校へ、高校から大学へ、と新しい環境での生活を始める生徒さんも、慣れるまでの間、少しの不安を抱えてながらの生活になりますね。

私も現在、来年度へ向けて準備中です。4月からは、生徒さんたちの情況も変わってきますので、4月にならないと詳細は決まらないのですが、水曜日もピアノのレッスンができることになりそうです。

水曜日の午後にレッスンをご希望の方は、是非ご連絡ください。
posted by マカロン at 14:17| Comment(0) | ピアノ

2024年02月18日

おうちでの練習に苦労している男の子のその後

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。

おうちでの練習の習慣がつかずに苦労している小学6年生の男の子の話を、先日ブログに書いたのですが、なんと!少しずつ練習できるようになっています。(詳しくは、https://blog.sakura.ne.jp/cms/article/edit/input?id=190755063

練習を習慣にするのがいかに難しいかについて話をした日に、まず「21時30分にピアノの前に座る」、「必ずピアノは弾くけれど、気が乗らなければ10分で練習を止める」と決めてレッスン室を後にしたのですが、それからは、毎日欠かさずピアノの前に座るようにしているようです。

毎週のレッスンで、その成果は出ています。少なくとも発表会までは、この習慣が崩れないように続けていって欲しいですね!今回は、今までの発表会とは異なり、発表会に向けて、少しは音楽的なレッスンが出来るかな?と期待しています。

男の子の生徒さんたちは、レッスンがスムーズにできるようになるのに、早くて3年、遅い子だと5〜6年かかります。でも、音楽が好きでピアノを辞めずに、長く続ける子が大部分です。女の子は諦めが早く、すぐに見切りをつけて辞めていく子が、私の生徒さんには多いです。

男の子の保護者さまへ、
お子さんがあまり練習をしなくても、自分から辞めたいと言い出さない限り、気長に見守ってあげてください。
機が熟せば、ひとりでに回り出します。

posted by マカロン at 17:18| Comment(0) | ピアノ

2024年01月29日

習慣を変えるのは至難の業

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。

小学5年生からピアノを始めた現在、小学6年生の男の子。おうちでの練習の習慣が身に付かず、苦労しているようで、毎週どれだけ私から説教されても、練習してこない日々が続いています。

ということで、前回のレッスンでは、私とその子の2人で、「習慣を変える」とはどういうことなのかについて、じっくりと話し合いました。

この子の場合、ピアノを始めると決めた時点で、おうちに帰ってきてから寝るまでの一連の習慣というのが、すでに出来上がっていました。平日は19時頃に帰宅して、19時〜21時はゲームの時間なのだそうです。そこにピアノの練習というかなり能動的な活動を組み込まなければいけません。

そこで、大人は思います。「やりたいと思って始めたんだから、練習できるでしょ!やる気の問題だよね」と。でも、人間、そんなに簡単に既存の習慣を変える事ことはできません。

一念発起して何かを始めても、なかなか続かないということはありませんか?三日坊主という言葉があるように、「明日からダイエット始めよう!」「明日から早起きしよう!」「明日から運動を始めよう!」と決心しますが、どれだけの人が本当に続けられるのでしょう。

練習の習慣がつかないまま、上手にならないから止めるというのは、ある程度大きくなってからピアノを始める子に多いような気がします。

ピアノを始めるまでは、帰宅後、自分の好きな事だけをしてきた子供たちに、平日の夜、家に帰ってきてからピアノの練習をするのは、今までの習慣になかったことなので、やる気は起きません。心のどこかに「ピアノを練習しなきゃ」という気持ちがずーっと引っ掛かっていてもです。

好きでピアノを始めたのだから、自発的にやって当たり前と思うのが当然だと思うのですが、それはほぼあり得ません。私たち大人も、いくらやる気があって始めたことでも、続けていくのがどれだけ難しいことか。ましてや、家で自発的に練習するなんて、仕事の後にできますか?

習慣を変えるというのは、一気にやるか、そうでなければ、何年も掛けなければいけない一大事業です。やる気の問題ではなく、やらないと気持ち悪いというところまで、有無を言わさず習慣化させることが大切で、それには途轍もない時間と労力がいります。

その点、小学校入学前に始めた子供たちは、小学校中学年になる頃には、練習の習慣が身に付きます場合がほとんどです。

親御さんには、習慣付けのためのサポートをしてもらいたいと思っていますが、親御さんたちも忙しく、家事をこなすので精一杯です。時間と心の余裕のない状態で子供たちに何かをさせるというのは、ケンカの元になるし、悩ましいところですね。

でも、練習なしで上達することはないですよね。上達しなくても良いから、練習しないと決めている子もいますが、どうなのでしょうね。それで本当に良いのか疑問ではあります。皆さんはどう思われますか?
posted by マカロン at 17:13| Comment(0) | ピアノ