2022年05月21日

新しいお友達(2022年5月)

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。

この5月から、新しいお友達が増えました。小学校5年生と2年生の兄弟です。なんと2人同時に、自分からピアノを習いたいと言ったとのこと。お母様も小学生まではピアノを習っており、中学・高校では吹奏楽部、大学ではオーケストラに所属して演奏をしていたということで、以前から子供たちにも音楽をやらせたいとは思っていたのですが、子供さんたちが言い出さなかったので、あえて習わせていなかったようです。とうとうお母様の願いが叶いましたね!

小学校高学年にもなると、音楽の授業で楽譜の読み方もすでに習っているし、理解する力もあるし、幼児のレッスンとは異なり、とてもスムーズに進むことに感動しています!弟くんは、前回は即興で演奏をして、その演奏に題名を付けていました。これからの成長に期待したいと思います。

ところで、私のところには以前から男の子の生徒さんが多かったのですが、とうとう男女比3対1になってしまいました!男の子が女の子の3倍です。男の子は我が強いので、幼児期は教えるのに一苦労ですが、小学校中学年にもなればそれなりに落ち着いてきて話せばわかるようになるので、最終的には素直で可愛いと思えてきます。「あ〜、昔は大変だったけど、成長したな〜」と思ったり出来るんですね。生徒さんたちとも、小さい頃のことを思い出話で盛り上がったりもします。

とにかく、中学生、高校生(数は少なくなるけれど)と成長するに連れて、どんな風に皆が変わっていくのか楽しみですね。
posted by マカロン at 13:00| ピアノ

2022年03月21日

発表会終了!

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。

先日、久々の発表会が終わりましたが、今回もまたいろいろ大変でした。私が大変だった分、子供たちも少しピアノを弾く楽しさを感じてくれているといいなと願っています。が、実際のところどうなのでしょうね。

発表会に出ることを最後の最後まで渋っていたけれど、最終的には出ることにして自分なりに頑張った子、最後に先生にも親にも怒られ、心を入れ替えて発表会に向き合えた子、練習は嫌いだけれど、発表会前は自分一人で練習と向き合って、当初難しくて弾けないかも、、、と思っていた曲をなんとか弾けるようになった子、最後の最後まで注意されたことを無視したままで発表会を迎えてしまった子等々、大きく成長した子もいれば、何も学ばなかった子もいます。

表現する面白さをはじめて感じた子もいますし、音楽の奥深さをはじめて感じた子もいます。楽譜を分析し、音楽の本質を理解するような取り組み方は、やはり小学校高学年以上にならないと理解するのは難しいですので、練習は大変ですが、最低でも中学生までは続けてもらいたいですね。

発表会という貴重な経験ですが、できる限りの努力をした末に発表会を迎えて欲しいと思っています。そうでなければ意味がないと言っても良いかもしれません。例えば、お祭りや委員会なども、実際に参加した当事者だからこそ終わった時の爽快感や達成感など、頑張って本当に良かったなあという気持ちを味わうことができるでしょう。

この努力の末の達成感、それが成功するか否かは別として、これからの子供たちが長い人生を生きていくための力に繋がっていくと思っています。音楽を通して努力の大切さを教えていきたいですね。
posted by マカロン at 12:13| ピアノ

2022年02月16日

続・小2男子の連弾

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。


発表会に向けて連弾の練習が始まっていますが、やはり、やはり、小2男子の連弾の練習は、練習させるこちらが大変です。一人がおふざけするために、スムーズに進みません!!

先日は、おふざけが過ぎる子の方を、ズボンのウエストの部分を持って引っ張り上げながら、椅子に座らせなければいけませんでした!これもまだ体重が軽いからできる技ですね。その上、「レッスンが普通にできないんだったら、連弾はやらせないから、よく考えなさい!」と言うと、「やりたいと言ったのは僕じゃない」と言い出し、挙げ句の果てには「お金払ってるんだから自分の好きにする」と言い放った!!とにかく他の人がいると、変に張り切ってふざける子なのです。発表会の時にも、最後に全員舞台に出て、お客様にお辞儀をする場面で、舞台の縁に座って、会場に向かって手を振る始末。でも、私に怒られて、最後は少し涙目になり、こちらが「泣いてるのか?」と聞くと、「目にまつげが入っただけ」と強がりを言っていました。大きくなったもんだ。

その顛末を、もう一人の子は黙ってみています。かわいそうに、、、
posted by マカロン at 09:26| ピアノ