2022年09月25日

ピアノの練習が上手くいかない理由にもいろいろあるもんですね

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。

今日は気持ちのよい秋晴れですね。久しぶりの晴れ、お洗濯ものもすっきりと乾きそうです!

5月の連休明けくらいからずーっと元気がなかった男の子。でも、先週から以前の様子に戻りました!元気がなかった理由、それは、彼のお母さんが仕事で忙しくなり、その子の面倒を以前のようにはみられなくなっていたからでした。

それまでのレッスンでは、ピアノの練習もして来ない、レッスン中も上の空。「だるい」、「身体が痛い」、「頭が痛い」など、子供らしからぬ言動で、無気力状態になっていました。ということで、レッスン時間を使って彼の話をじっくりと聞くことにしました。「最近、きちんと生活できてる?」から始まって、毎日の生活全般について話を聞いていくうちに、どうもおかあさんの愛情不足なのでは、というところに行き着きました。

彼自身もそれを認めており、話しているうちに大粒の涙が、、、お姉ちゃんのピアノの付き添いで来ていた母親に連れられて、0歳の時から毎週会っており、すでに私とは10年来の付き合いのある子です。健やかに育って欲しいという願いもあり、私からお母さんに話してあげるね、ということになりました。自分で話せる自信はなかったみたいです。

ということで、お母さんにメールでレッスンの様子と話の内容を伝えました。お母さまも子供たちに時間を割けていないことは自覚しており、4〜5通ほどのメールのやりとりでいろいろと考えて頂き、今では以前よりも充実した様子でレッスンを受けることができるようになりました。良かった、良かった。

日頃、無口で自分の感情を出さないお子さんの場合、何も言わない代わりに、他の部分に出るのですね。よ〜く観察して、子供たちが何に困っているかを見逃さないようにしたいなと思います。
posted by マカロン at 11:13| ピアノ

2022年09月18日

発表会へ向けて

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。

夏休み気分もすっかり抜け、子供たち全員のレッスンも一回りしました。夏休み中に頑張った子、これから発表会に向けて頑張る子、それぞれが発表会へ向けて、本格的な練習を始めています。

今回は、発表会告知から発表会までの日にちが短めで、夏休みを挟んだこともあり、軽めのプログラムとなっています。

私の海外滞在が長引いたため、私の不在中のおうちでの練習のサポートを保護者の方にお願いしましたが、「子供のサポートが出来ないので今回の発表会は見送りたい」という申し出がありました。この方は、元々子供にピアノを習わせる意志はなく、義母の勧めで習わせているとのことなので、まあ仕方がないかな、と思っています。生徒さんであるお子さん自身も「ピアノを止めたい」と常日頃から言っているので、家で練習させることも無理なのでしょう。レッスンに来てもふざけてばかりで、なかなか音楽と向き合うことができません。他の生徒さんたちの発表会も聞きに来ないということです。

生徒さん自身については、成長と共に変わってくれるだろうと思っていますが、保護者さんに熱意がないので、続かないかな?とも思います。発表会には出ないとしても、他の子供たちの演奏を聞いて刺激を受けてもらって、それを機に少しでも前進してくれたらとは思い、話をしてはみましたが、親を説得するのは限りなく難しいと思う今日この頃です。
posted by マカロン at 11:12| ピアノ

2022年07月13日

教師の醍醐味

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。

久しぶりの本格的な雨です。恵みの雨ですね。公演の木々も久しぶりに呼吸しています!
今年は梅雨がほとんどなかったので、せっかく買った傘の出番がありませんでしたが、やっと使える日がきました!

ところで、小学6年生の男の子の生徒さん。ここ数ヶ月で、自分で勉強することができるようになってきました。ピアノだけでなく、全ての勉強です。鳥が大好きで、ひとりで野鳥観察に出かけ、鳥新聞を書き、それを回覧してくれます。ピアノでも、調判定をして曲全体の調の構造を把握したり、辞書を使って音楽用語を自分で調べて、そのように表現できるよう工夫したりということができるようになりました。

彼の小さい頃の様子をよく知っている私としては、良い方向に向かって成長しているなあと思います。小学校低学年の頃は、ひらがなもなかなか覚えられず、少しのことでも理解するのに人の何倍も時間がかかりました。ピアノを弾く際も、不器用すぎて、何をやらせても一筋縄ではいかず、あの手この手を使って教えていたため、かなりの遠回りをしていました。でもその分、地道に問題に取り組み、最終的には器用に弾けてしまう人を追い抜いてしまいました。感慨深いですね。

子供は本当に育て方次第で化けます。大人が目先の物事に囚われず、子供としっかり向き合っていくことが大事なのだと思います。与えられるものをこなすだけの人生ではなく、物事に自らじっくりと取り組んで、自分なりの解決方法を見つけられる大人になって欲しいと常日頃から思いつつ、子供たちのレッスンに向かっています。
posted by マカロン at 10:15| ピアノ