2021年05月30日

外国語の4技能のアンバランス

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。

日頃、フランス語の生徒さんたちを教えていて思うのは、フランス語で話すことと並んで、聞き取りもとても難しいということです。これは、一部の耳がとても良い方々を除いた日本人一般に言えることで、フランス語だけでなく、どの外国語についても同じなのではないかと思います。

例えば、文法の知識も十分にあるし、書かれた文章を読んで理解することも十分にできるのですが、それらの能力と比べて、話すことや耳で聞いて理解することが不得手。つまり、4技能のレベルに大きな差があります。文章を読んで理解する能力はB1なのに、話すことや聞き取りの能力がA2のレベルに届くか届かないかくらいだったりします。あるいは、教材用に録音してあり、はっきりゆっくり発話しているものだったら聞き取れますが、ネイティヴ向けに作られている実際のテレビやラジオ番組はほぼ聞き取れません。

私のレッスンでは、非常に難しいことは承知の上で、ネイティヴ向けの番組や広告などの音声教材を使ってレッスンをしています。話す速度が速いというだけでなく、口語では母音を端折ったり、規則と異なる発音をしたり、口語のリズムを重んじるために語順が逆転したりすることがあり、ネイティヴの発話を聞き慣れていないと困惑することがたくさんあります。ただでさえ、リエゾンやアンシェヌマンなど、前後の単語を繋いでいくことが多く、それだけでも十分に困惑しているのに、、、と思っている生徒さんもたくさんいらっしゃるでしょう。

現在の外国語教育法では、学び始めからネイティヴの言葉を学習することが推奨されています。また、賛否両論あるとは思いますが、文法の正確さよりも、コミュニケーションの手段としての語学力を重視しています。発音の良さや文法上の正確さはさておき、相手の言っていることを理解して、最低限の意志疎通を図ることが第一義です。私も、言語学など言葉が対象となる学問などを除いては、言葉はコミュニケーションのツールであるという立場です。

文法の知識は絶対に必要なのですが、それよりも外国語で何を言えるか、の方が大事でしょう。純文学で使われるような高尚な表現を知っていても、現地で不動産屋に自分の希望を伝えられなければ、これからの生活はどうしていくのでしょう。現地に行って困らないような語学力、あるいは国際的な場で立ち往生しないだけの語学力、「話す・聞く・読む・書く」の4技能をバランス良く身につけるにはどうしたら良いのでしょう。その答えはまだ見つかりませんが、日々、教えながら研鑽を積む毎日です。
タグ:教授法
posted by マカロン at 11:41| フランス語

2021年05月10日

5月のテーマ「女性の人権」

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。

連休も終わり、これから夏休みまでは、息つく暇なく、働く日々が続きます。その間に憂鬱な梅雨を挟むことになります。その上、夏が大の苦手な私にとっては、これからの季節は本当に憂鬱です。早く冬にならないかな、、、

子供たちだけでなく、フランス語の生徒さんたちの中にも、仕事上3月〜4月にかけて変化があった方がおり、その方たちの中にフランス語を勉強する環境を作るのが難しくなっている方もいらっしゃいます。今のところ、なんとか続けようと頑張っていらっしゃっていますが、心の余裕がないと、習い事としてのフランス語を続けていくのは難しいのでしょうね。仕事が忙しい中で、どうやって楽しく続けてもらえるのか、常に思案しています。

ところで、今月は中級の方向けに「女性の権利」を題材にしてフランス語を勉強しています。某氏の失言から始まり、世界的なイベント「オリンピック・パラリンピック」という機会に、やっとこの問題に対して、日本の女性からも声がたくさん出始めている現状を嬉しく思っています。それに関連して、「女性が置かれている世界の現状」について、フランス語で見ていこうと思い、このテーマを選びました。5月だけでは終わらないと思うので、6月もこのテーマかもしれません。

私個人の意見としては、男性は今まで女性に下駄を履かせてもらって今の地位を固持できてきたと考えています。あるいは、女性を虐げることで、自分たちの地位を保ってきたと言い換えることもできるかもしれません。ですが、男女平等を前提として教育を受けてきた若者たちが大多数になる数年後には、日本のこの状況は変わっているでしょう。特に仕事の部分ではすでに変わってきていますし、これからもどんどん変わるでしょう。人口の半分を占める女性という人材を活用できなければ、日本は世界的な地位において敗者になるのは必至です。男性高齢者の活用よりも早く改善すべきでしょう。

古い価値観で人生の大半を送って来てしまった世代の方々と話をしても、同じ土俵に立てる可能性はほぼなく(立たせてもらうえることはなく??)、議論はむなしいものになりますが、若い世代はこの状況を打破できると確信していますし、私自身、今後も彼らに働きかけを続けようと思っています。若い世代に、もっと男女平等についての正しい理解が必要だとも思ってもいます。というのも、男女平等を謳う女性に対するバッシングがとても的外れなものが多いからです。

生物学的に違う2つの性が、いかにして平等を実現していくのか、これからの議論を注視していきたいと思います。女性が生きやすい社会は、男性にとっても生きやすい社会ですし、この男女問題が改善すれば、さらに複雑なLGBTQの問題も容易に改善の方向に進むでしょう。

女性の社会的地位の問題よりもさらに根深い問題は、女性や子供に対する暴力や性暴力なのだと思います。肉体的に優位にある男性から、女性や子供が心から安心して暮らせる世界は、いつ実現するのでしょうか。

posted by マカロン at 10:53| フランス語

2021年04月05日

フランス語の体験レッスンを終えて

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。

3月に行った体験レッスンでは、フランス語学習を希望している方々から様々な要望を聞くことができました。いろいろお話を聞くうちに、私ではない方が良いと思える方には、語学学校や他の方を紹介したりしましたが、私と一緒にフランス語を勉強して下さることになった生徒さんたちの要望をまとめてみると主に次の3点でした。

1)ネイティヴ・スピーカーではないこと
2)時間の融通がきくこと
3)個人レッスンであること

1)ネイティヴ・スピーカーではないこと
つまり、日本人の指導者を希望しているということです。今まで何度かネイティヴの方々と勉強した経験があるけれども、自分自身がフランス語も英語も上手く話せないため、質問もできないので、レッスン後にモヤモヤが残るということ。それから、異文化理解不足からだと想像しているのですが、意志の疎通が上手くいかない、表情や態度から相手の思っていることがお互いに読み取れないなど、フラストレーションが溜まることが一番の原因のようです。

2)時間の融通がきくこと
フランス語学習者の方々のほとんどがお仕事をしていらっしゃる方ですので、語学学校に定期的に通う時間的・体力的余裕がないため、時間の融通がきく個人レッスンを希望しているということでした。

3)個人レッスンであること
語学学校などの大人数の授業では、なかなか話す機会や質問する機会が得られず、満足感が低いということが一番の原因のようです。引っ込み思案の方ですと、そもそも発話さえも難しいということでした。

フランス語教授法の研修期間には、日本人である私にフランス語の何が教えられるというのか、、、とかなり考えましたが、要望というのはいろいろあって、日本人の私でも必要としてくれる方がいるのだなと、多くの体験レッスンでフランス語学習者の方々の意見を聞く中で希望を持つことができました。
posted by マカロン at 14:32| フランス語