2022年05月03日

教師と生徒の関係

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。

5月が始まりました!今年のゴールデンウィークは涼しくて過ごしやすいですね。例年のゴールデンウィークは暑くて半袖で過ごすのが常でしたが、暑さが苦手な私としては、とても過ごしやすく助かっています。でも雨がちょっと多いでしょうかね。

ところで、先日うちの子供の発表会がありました。開始から終了まで全員の演奏を聞き、本当に長丁場で疲れましたが、同時に色々と考えさせられました。というのも、教える側の先生がいかに素晴らしい方だろうと、習う側の子供の質が低すぎると、先生の質も低いと思われてしまうのではないかと思ったからです。

うちの子供のヴァイオリンの先生はとても素晴らしい先生です。チェコのナンバー2のオーケストラ「ブルノ管弦楽団」のコンサートマスターを長く勤めた後、南アフリカ国立管弦楽団、日本の広島交響楽団などのコンサートマスター、チェコ国立交響楽団のコンサートマスターを歴任した素晴らしい経歴の持ち主です。教え方も的確で、うちの子供は先生が変わってから、柔らかく深い音が出るようになりました。身体の力みも抜けて、楽々と音が出ています。

しかしながら、経歴を含めてとても良い先生ですが、いかんせん生徒さんに恵まれていないのです。私は、子供が小さい頃から毎週レッスンの付き添いで先生のレッスンを傍らで見てきましたが、子供だからと妥協せず、出来るまでしつこく何度でも諦めることなく注意してくれます。できなくても怒ることもありません。ただ淡々と教師としてやるべきことをしている。うちの子供が習い始めの頃はできない事が多すぎて、毎週2時間レッスンをしてもらっていました。規定では1レッスン40分なのですが。

しかし、この彼の懇切丁寧さも、生徒さんの質が悪ければ無意味になってしまいます。先生には明らかな目標があって、それを実現してもらおうと様々な方法でそれを教えているのですが、生徒の方が目指しているものを理解できず実現もできない。やはり、生徒自身そして付き添う親がそこを理解した上で、毎日の努力に惜しみなく時間を割くことができるか、そこが上達するか否かの肝なのだと思います。

先生の力を最大限に引き出すのは、教えてもらう側の生徒の態度一つです。私の教える経験からもそう言えます!上手い下手を問わず、生徒の音楽との向き合い方によって、私の教えるモチベーションはかなり上下します。ですので、先生は上手に活用しましょう!
posted by マカロン at 10:32| 日記

2022年04月25日

空耳

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。

今日は昨日とは打って変わって、とても良い天気です。しかし、とても暑くなる模様で、暑さに弱い私としては、夏を思い出し気分は暗めです。

ところで、先週のレッスンでの一幕。とてもくだらない話ですが、宜しければお付き合いください。

日頃はテンションが低め、話し方もぼそぼそのO君が、その日はとても機嫌が良かったので、「今日は機嫌がいいね!」と話しかけると、

O君:今日ね、ママが「ぜいたくキング」なんだ。

私:ぜいたくキング?!

O君:うん、そうだよ。

私:ぜいたくキングって何?

O君:???… ちがう!在宅勤務!

と言われ、二人でしばし笑いました。

音楽家の多くが少し難聴気味なのですが、私も例にもれず、聞き間違えが多いです。その上、このご時世、皆がマスクをしているので、私にとっては聞こえない、あるいは聞き間違いが多くて、本当に困っています。

でも「贅沢キング」って、なんとなく魅惑的な響きがしませんか?どんな贅沢をするとキングって呼ばれるんでしょうね。
posted by マカロン at 10:18| 日記

2022年04月14日

不定代名詞の後に続く形容詞は《de》を必要とする

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。

以前、例文の中に《Quelque chose d’important》 という表現を見つけた生徒さんから、「なんでdeが必要なんですか?」という質問をもらいました。

普通、形容詞は《de》なしでダイレクトに名詞の前あるいは後に置かれます。

例えば、C’est une jolie fleur.
Il habite dans une grande maison magnifique.

ですが、不定代名詞には《quelqu'un》と《quelque chose》があり、これらに続く形容詞の場合《de》が必要になります。
例えば、 Il est quelqu’un de méchant.
Vous êtes quelqu’un de bien.
Il y a quelque chose de neuf ?

この場合、形容詞は常に男性単数にします。複数形や女性形にしないように気をつけて下さい!

この《de》の使い方は、辞書を引くと出てきます。辞書も併せて確認してみてください。


posted by マカロン at 16:38| フランス語