2022年04月02日

フランス語で要約してみよう!

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。

新年度が始まり、心機一転、新しいことに挑戦している方々も多いことでしょう。この4月からフランス語を始めた方、あるいは再開している方もいらっしゃると思いますが、中級以上の学習者に是非試していただきたい勉強法があります。それは要約です。

要約とは、フランス語で書かれた文章を読んで要点をまとめることですが、これは非常に有益な学習方法のひとつだと、私個人は思っています。ただ頭をかなり使うので、苦手な方も多いのも事実です。

要約をする際には、まずは一段落を1ないし2文程度でまとめてみると良いでしょう。普通は段落1つに主張は1つですので、エッセンスを上手に抽出してください。段落ごとに要点を抽出した後、最後に記事全体の主張をまとめていきます。

さらに実力を上げたい場合には、同じ単語を一切使わず書き直してみましょう。こうすれば、記事の要旨を理解できる上、語彙も広がります。いきなりフランス語で要約をするのは難しいのであれば、日本語の記事で練習してみてからでも良いと思います。国語の勉強にも役立ちますね。
タグ:勉強法
posted by マカロン at 16:41| フランス語

2022年03月21日

発表会終了!

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。

先日、久々の発表会が終わりましたが、今回もまたいろいろ大変でした。私が大変だった分、子供たちも少しピアノを弾く楽しさを感じてくれているといいなと願っています。が、実際のところどうなのでしょうね。

発表会に出ることを最後の最後まで渋っていたけれど、最終的には出ることにして自分なりに頑張った子、最後に先生にも親にも怒られ、心を入れ替えて発表会に向き合えた子、練習は嫌いだけれど、発表会前は自分一人で練習と向き合って、当初難しくて弾けないかも、、、と思っていた曲をなんとか弾けるようになった子、最後の最後まで注意されたことを無視したままで発表会を迎えてしまった子等々、大きく成長した子もいれば、何も学ばなかった子もいます。

表現する面白さをはじめて感じた子もいますし、音楽の奥深さをはじめて感じた子もいます。楽譜を分析し、音楽の本質を理解するような取り組み方は、やはり小学校高学年以上にならないと理解するのは難しいですので、練習は大変ですが、最低でも中学生までは続けてもらいたいですね。

発表会という貴重な経験ですが、できる限りの努力をした末に発表会を迎えて欲しいと思っています。そうでなければ意味がないと言っても良いかもしれません。例えば、お祭りや委員会なども、実際に参加した当事者だからこそ終わった時の爽快感や達成感など、頑張って本当に良かったなあという気持ちを味わうことができるでしょう。

この努力の末の達成感、それが成功するか否かは別として、これからの子供たちが長い人生を生きていくための力に繋がっていくと思っています。音楽を通して努力の大切さを教えていきたいですね。
posted by マカロン at 12:13| ピアノ

2022年03月10日

発表会間近です!

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。

すっかり春らしくなってきました。大倉山の梅林の梅も見頃がそろそろ過ぎようとしています。

ところで、このところ来年度に向けて様々な変化がありそうで、その対応に追われています!コロナ感染の状況も少しずつ落ち着いてくるだろうことを見越して、声楽の生徒さんたちも戻ってきています。それから、発表会も10日後に迫ってきました。いよいよですね!

私の教室の発表会はとてもアットホームな雰囲気で、毎回同じ方々が聞きに来て下さり、子供たちそれぞれの成長を楽しみにして下さっています。子供たちにも「前回よりもこんなところが良くなったね!」と聞きに来て下さった方に言われるように、具体的にできるようになったことを耳打ちして自信を持ってもらったり、練習すればできそうなことを課題にして、毎週のレッスンに励んでもらっています。

練習嫌いな子供たちばかりですが、「練習嫌い〜」と言いながら、発表会に向けて各自、それなりに頑張っています。しかし、小2男子の連弾は、一人が相変わらずで、お母さんに状況を話して改善を促すようお願いしましたが、どうなることやら、、、
posted by マカロン at 18:36| 日記