2022年06月15日

子供は成長と共に変わります

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。

梅雨に入りじめじめで、ピアノの調子も悪くなりがちですが、当方いつもと変わらずレッスンを続けています。
私のところにピアノを習いに来ている生徒さんたちは練習が嫌いです。お家での練習が好きだという生徒さんには、まだ一度も会ったことがありません。親から「ピアノ練習しなさい!」と言われ、嫌々ピアノに向かうか、ひどい場合にはケンカになり、それが毎日続くことになります。

でも、親御さんにお願いなのですが、すぐにピアノを止めるという決断はしないで欲しいと思っています。親が上手に子供をいなしながら毎日の練習の習慣付けをして、子供の成長を待って欲しいと思います。

子供がピアノはもう見たくもないという場合は致し方ありませんが、大体の場合は、まだ反復練習や出来ない部分を練習して克服するということに耐えられるほどの心の成長が伴っていないことが多いのです。出来ることは喜んでやるけれども、出来ないことはしないというのが、幼さというものでしょう。なので、幼いうちは万能感を育てるために、出来ることだけさせるということを否定するつもりはありません。

ですが、ピアノは「できない箇所をお家で練習してきてね」と言われて帰されます。その後、家に帰ってから次のレッスンまでの1週間、出来ない自分を見つめて、自分一人でコツコツ練習しなければいけないのですが、小さいうちは「努力しよう」とはなかなかならないものです。

とはいうものの、それも成長と共に変わります。小学2年生半ばくらいまでは出来ない箇所が出てくると泣いてレッスンにならなかった子も、現在では何回か練習すれば出来るようになることがわかり、克服する楽しさも同時に見つけられるようになっています。それでも、家でコツコツと一人で練習するのは大変で、練習不足の時は自信なさげにレッスンにやってきますが、レッスンの終わりには楽譜に大きく「かんぺき!」と書いて、なんとか来週までには出来るようにして来ようと自分に言い聞かせているのを見ると「成長したな〜」と感慨深です。

早急に結果を求めがちな世の中ですが、長い目で子供たちの成長を見守っていきたいですね。
posted by マカロン at 13:58| ピアノ

2022年06月06日

要約の方法の一提案

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。

少し前に、フランス語の勉強の一環として要約をしてみよう!という話しをしましたが、要約の練習の一つとして、インタビュー記事を使うという方法も試してみる価値はあります。

方法は、まずジャーナリストの質問に対する答えを要約します。もし余力があれば、ジャーナリストの質問を見ずにインタビュー内容だけを要約して、その後にジャーナリストが何を質問していたのかを当てます。

仏検2級の問題集(準2級だったかな?)に、これとほぼ同じ内容の問題があります。ジャーナリストの質問内容を選択するのですが、こちらはマークシートのため、あらかじめ答えが用意されているので、まずはこの問題で練習してみるのも良いでしょう。

外国語の上達には繰り返し触れること、それ以外の道はありません。いろいろなことを試していくうちに、自分にとっての良いの方法が少しずつ見つかってくると思います。諦めずに続けることも大切です。「必ず上達する!」と自分を信じて前進あるのみ!頑張って下さい!
タグ:勉強法
posted by マカロン at 19:53| フランス語

2022年05月21日

新しいお友達(2022年5月)

大倉山のピアノ教室、フランス語教室「スタジオ・ユールhttp://www.studio-jul.com 」の川田です。当ブログをご覧頂きありがとうございます。

この5月から、新しいお友達が増えました。小学校5年生と2年生の兄弟です。なんと2人同時に、自分からピアノを習いたいと言ったとのこと。お母様も小学生まではピアノを習っており、中学・高校では吹奏楽部、大学ではオーケストラに所属して演奏をしていたということで、以前から子供たちにも音楽をやらせたいとは思っていたのですが、子供さんたちが言い出さなかったので、あえて習わせていなかったようです。とうとうお母様の願いが叶いましたね!

小学校高学年にもなると、音楽の授業で楽譜の読み方もすでに習っているし、理解する力もあるし、幼児のレッスンとは異なり、とてもスムーズに進むことに感動しています!弟くんは、前回は即興で演奏をして、その演奏に題名を付けていました。これからの成長に期待したいと思います。

ところで、私のところには以前から男の子の生徒さんが多かったのですが、とうとう男女比3対1になってしまいました!男の子が女の子の3倍です。男の子は我が強いので、幼児期は教えるのに一苦労ですが、小学校中学年にもなればそれなりに落ち着いてきて話せばわかるようになるので、最終的には素直で可愛いと思えてきます。「あ〜、昔は大変だったけど、成長したな〜」と思ったり出来るんですね。生徒さんたちとも、小さい頃のことを思い出話で盛り上がったりもします。

とにかく、中学生、高校生(数は少なくなるけれど)と成長するに連れて、どんな風に皆が変わっていくのか楽しみですね。
posted by マカロン at 13:00| ピアノ